忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

イエス様の切ない心情の同伴者(2月16日)

Feb.16.2017 今日の訓読のみ言

イエス様の切ない心情の同伴者

 

御国とその義を捜し立てよう

文鮮明先生み言選集 No.3

  皆さんは、皆さんの現実において与えたい心に染みて、人生全体の価値を捜し立てる使命があることを知り、またこのような使命を完遂するために、この地上の希望の実体として来られたお方が、正に2000年前のイエス様であったことを知らねばなりません

ところで今日人々は、イエス様がこのように与えたい心に染みて生きたお方であることを、知らないでいるのです。また皆さんが食べるパン一片に、着る一枚の着物に、神様の切ない涙の跡があるということを知らないで生きているのです。これが正に神の悲しみであり、嘆息の条件であることを、皆さんははっきりと知らねばなりません

それでは、今再び来るはずのそのお方、主様はどんなお方として来るのでしょうか。この方もやはり、神の国を建設するために、与えるための理念の主人公として来られるのです。永遠に変わらぬ天理原則を通して、子女に対する父母の愛を持って、その愛を今日我々人間に与えるために、再び来るのです。 

 ですから皆さんは来られるその主様を通して、人間始祖が堕落によって失った人間の価値を取り戻すために今まで6000年の間、摂理してこられた神の切ない心情を相続しなければなりません。こうして皆さんは、地上に来て祭物として逝かれたイエス様の、切ない心情の同伴者の場まで行かねばなりません。

 もしも今日、信仰者たちがこんな場まで行けなかったら、この地上のキリスト教徒がどんなに多くても、キリスト教は発展することができないのであり、国に民がどんなに多かったとしても、その国は繁栄することができません。ですから今日皆さんは、預告された神のみ旨を相続し、イエス様がこの地上に対して切なかった心情を、皆さんの生活圏内で体恤する人間にならねばなりません

 神様は今、この時間も、与えたい心に染みて生きる人間が現れることを願っておられ、イエス様は自身を殺したこの地上のすべての悪の勢力を踏み越えてあがる人間が現れることを、待ちこがれているのです。もしもこのような存在が現れたなら、彼は真にこの社会の主人公になり、この国の主人公になるのですが、今だにこんな一人の人間が現れないことが、神とイエス様の切なさであることを、皆さんは知らねばなりません

 こんな主人公になるために地上に来ては行った数多くの先知先烈たちがいますが、歴史上の先祖たちは彼らを埋め、また迫害して嘲弄したのでした。ですから今日一自体を立てて、このような歴史的なすべての過ちを精算することが、皆さんに対する神の所望であるのです。 

 今このような神の所望のみ旨を成してあげるには、皆さんはどうしなければならないのでしょうか? まず神の国と神の義のために、血の(にじ)む十字架の道を耐えて行かれたイエス・キリストの後に従う人間にならねばならず、次には6000年の歴史の中で、数多くの先知先烈たちが自分一身の栄光をふり捨て、神のみ旨を成すために苦労したその道に従って行く人間にならねばなりません
 とろでもしも皆さんが、このような道を行かず、自分のある栄光のための道を行ったなら、皆さんは神のまえに、また数多くの先知先烈たちのまえに、堂々と出て行くことはできません。また死んで霊界に行っても、神様のまえに出ることができず、神様の愛の懐に安らぐことはきません。即ち、信じることも自分の為に信じ、死ぬことも自分だけが救われるために死ぬ人間は、あの世に行っても神様のまえに堂々と立てないことを、皆さんは肝に銘じなければなりません。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

拍手[6回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

リンク

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
28 29 30