忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

死んでも行こうという絶対的な愛の心情(1月14日)

Jan.14.2018 今日の訓読のみ言

死んでも行こうという絶対的な愛の心情

絶対信仰と絶対愛  1994109

韓国・中央修練院にて (抜粋のみ言)

 

  息子、妻、お父さんが問題ではありません。また、国が問題ではありません。問題は私なのです。 結論は何ですか? ヨシュアとカレブが持っていたような二つの火の柱です。絶対的な信仰と、第二創建国家を絶対的に愛する人です。それ自体はある意味では絶対的な信仰と、サタン世界を凌駕(りょうが)する為に死に、死んでも行こうという絶対的な愛の心情以外にはないのです

 

  今日、私たちがそのような決意をし、暗くなっていく夕焼けを見詰めながら、恨み嘆いてはなりません。あすの朝のために黎明(れいめい)を越えることのできる勇士の姿を備えるための決意をし、総攻撃命令を待つ皆さんにならなくては、南北統一はできません。先生が願ったその日を成すことができません

 

 北韓の先生の故郷が侵略を受け、なくなり得る環境にあったことを私はみな知っています。父母の怨讐であることを知っていながらも、愛の心で抱いてあげたことを、金日成は忘れることができないでしょう。神様には怨讐がありません。怨讐を怨讐視すれば、二元論になってしまいます。そうなれば、神様がどれほどあきれかえるでしょうか。 

 

口を持っていても語ることができず、目を持っていても見ることができません。五官を持っていても、表示もすることのできない復帰生涯路程であり、永遠なる生の路程であったというのです。誰ゆえに? 自分ゆえです。男性ゆえであり、女性ゆえです。世界を見れば、男性・女性しかいません。この二人の問題が解決すれば、世界平和の門は広く開けられるのです。

 

平和の動機がそれです。各自が火の柱にならなければなりません。夫婦が火の柱です。おじいさん、おばあさんが火の柱であり、父母が火の柱です。子供の父母が火の柱になるのです。相対的です。創造圏内では主体・対象圏を備えなければ、前進できないのであり、環境を導き、行くことができないのが法度です。

 

 この法度を摂理史に適用したのがカイン・アベル歴史です。アベルがカインを再創造しなくては、その上にあるもっと大きな所に行くことができないのです。それは公式になっています。分かりますか? (はい)

 

 109日。10月はいつも、私たち統一教会にとっては解放の月であり、喜びの月でした。恨み深い九数を踏み越えて、解放の10数を持ち、天の解放のために、地上天国解放のために飛躍をしなければなりません。神様の懇切な要求は、この地上に飛躍することのできる勇士たちが存在することです。それゆえ、このような決意の前に、このような対象的価値になることを決定する、この瞬間であることを知らなければなりません。

 

 新しい、永遠なる平和の広野時代を建設することのできるその火の柱になり、勝利的覇権者になることを決意する人は両手を挙げ、神様の前に立って誓いましょう。

 

 神様と真の父母と人類の前に、今日の二つの火の柱になり、敗北的な歴史的環境である韓半島で、新しい闘いをしに行く火の柱の実体になり、勝利の王になって、天の栄光を代身して進む精兵になろうと決心しますか! (はい!)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

拍手[3回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31