忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

真の起源(9月30日)

Sep.30.2015 今日の訓読のみ言
     
 
真の起源
 
 
天聖経 P.169


「真」とは

 この天地間に真なる方がいるなら、その方は誰でしょうか? 絶対者です。この絶対者を、今日我々の韓国語で言うと「お一人しかいないご主人様」ということです。一人(韓国語でハナ)しかいないご主人様をもっと縮めて言うと、神様(ハナニム)になります。お一人しかいないご主人様が、神様だということです。

 

 では、神様はどんな方か? 神様は、地上の良い人も好きで、悪い人も好きです。罪を犯して死刑場に出て死ぬようになる死刑囚も「神様! 私をかわいそうに思って下さいませ。私はあなたが好きです」と言って死ぬでしょう? そうですか、違いますか?(そうです)。「神様、私は死ぬ! あなたが私をこうなるようにした!」(笑い) そう言いますか?(言いません!)

 

では、どうして神様の前では、悪いことをして死んでいく立場にある人も、良い心で犠牲になって、希望をもって再出発することを誓いながら、その神様の前に最高に寄与し、また頼り、彼とともにいたいと思うのでしょうか、内心では切に、「父母を離れ、兄弟を離れ、誰よりも切に近くで事情を通じたがるかというのです。これは、神様が偽りだからそうですか、真だからそうですか?(真だからです)。真であるためにそう思うのです。

 

真なる方は好きな者だけ好むのではなく、自分を殺せという怨讐までも好まなければなりません。彼の前には、すべてを任せることができ、すべてを相談したくもあり、すべてを願うこともできる立場にある人であってこそ、真なる人です。分かりますか? もう真なる人が分かったでしょう?(はい!)

 

では、皆さんは、今まで育ってきた過程で、憎い人がいたはずです。いませんでしたか?(いました)。では、憎い人がいる人は、真なる人ですか、偽りの人ですか? (偽りの人です)。間違いなく偽りの人です。では、この世界には偽りの人が多いですか、真なる人が多いですか?(いつわりの人が多いです)。偽りの人が多いでしょう?(はい)。これをはっきりと知らなければなりません。

 

真なる人になろうとする人なら、両面を備えているべきです。統一教会の群れの中でも、「私」を好む人はとても好きで、「私」を憎む人を積極的に憎んだら、良い(やから)ですか、悪い輩ですか?(悪い輩です)。

 

それで、「私」を憎む人も好きになろうというのです。私を憎む人を私が好めば、その人が嫌がりますか?(好みます)。好むのです。私を憎む人に私が三回以上良く接してあげたら、彼が頭を下げるようになるのです。三回だけ良くしてやれば、頭を下げます。そうか、そうでないか、一度やってみなさい。人には良心があって、自分が誤ったのか良くやったのか、分かるのです。(三九・三〇二)

 

皆さん、我が国には良い人が多いでしょう? 世の中には立派な人がたくさんいます。偉人もいます。それなら、大韓民国の偉人は誰ですか? 大韓民国の「偉人」と言えば、大概誰を言いますか?(李舜臣将軍です)。そうですか。李舜臣将軍! 李舜臣将軍も偉人です。皆さん、李舜臣将軍が好きですか、嫌いですか?(好きです)。

 

では、李舜臣将軍が真なる人ですか、そうではないですか?(分かりません)。分からないでしょう。分からないのに好きだというのです。しかし、そほど先生は好きではありません。私がこういうから「おかしい。あの方はなぜああ言うか? 我が国の忠臣を嫌うとは!。では、あの人は共産党か、民族反逆者か?」と言うかもしれませんが、私は李舜臣将軍が嫌いです。なぜ嫌いか知りたいでしょう? 答えてあげましょう。(笑い)

 

「李舜臣将軍」と言えば、韓国人すべてが、忠臣として知っています。しかし、日本人はどう思っていますか? 怨讐ではありませんか、怨讐? 日本人は、李舜臣将軍を怨讐と思うのです。これは、日本の歴史の本にも明らかにされています。李舜臣将軍は、日本人の前には怨讐であり、韓国人の前には忠臣だということです。それで、先生は、彼があまり好きでないのです。

 

「真」ということは、英国に行っても真であり、ドイツに行っても真であり、アメリカに行っても真であり、韓国に来ても真であり、アフリカに行っても?(真です!)日本に行っても?(真です)。真になるべきなのです。ですから、真は怨讐がないのです。真は好きでない人がいないのです。一方では好きで、他の一方では嫌うのは、完全な真になれないのです。そうでしょう?

 

李舜臣将軍が、完全な「真なる人」であるなら、日本人も韓国人と共に偉人として、真の人として崇拝すべきです。しかし、真なる人の基準で見ると、李舜臣将軍は完全な真の人ではないということです。少しは真の人になれますがね。大韓民国を中心として見ると真の人ですが、日本を中心としてはそうではないのです。ここに異議がありますか? 異議がありますか、ありませんか?(ありません)。私は真なる人を願うので、李舜臣将軍のように真になりきれない人は、好きではないのです。

 

では、この世の中で真なる人はどんな人か? 前で言ったのと同様に、悪い人からも好まれ、良い人かも好まれる人です。悪い人は良い人が一番好きな人を、一番憎むべきですか? 悪い人も一番好きな人でなければなりません。ここには良い人と悪い人が混ざっていますが、願って希望することは、すべて最高のものです。最高を、みな好むのです。みな好むということは、良い人も好み、悪い人も好むということです。そうでしょう?(はい)。

 

それゆえ、悪い人だといって嫌ったら真ではありません。悪い人も好み、良い人も最高に好むべきなのです。これが真なる人の定義です。真なる人とは、悪い人もいちばん好み、良い人もいちばん好む人です。そのような者がいれば、その方が真なる方です。ここに異議がありますか? ないでしょう?(はい)。(三九・三〇一)

 


「今日の訓読のみ言」復興集会 映像まとめ


ブログランキング・にほんブログ村へ

 今日のみ言はいかがでしたか? 
心に響いた方は神山先生の写真をクリック!

 

 

拍手[2回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
22 23
24 25 26 27 28 29 30