忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

神山先生が2014年9月下旬日本を巡回講演されました。 この巡回を機に集会に参加した食口たちを連結し、正しい原理観・摂理観に立った道を歩めるよう共に学び、助け合う「友の会」を結成しました。心ある食口、祝福家庭の多くの参加をお待ちしております。

私が座る場所、立つ場所がどこにありますか(4月15日)

Apr.15.2017 今日の訓読のみ言

私が座る場所、立つ場所がどこにありますか

53回真の父母の日を迎えた天基3年天暦3月1日

(陽暦2012322日)

 「神様と人類の責任が完結される天の国の憲法とは何かといえば、『天地人真の父母定着』です。それさえ成すことができれば、全てが終わるのです。その言葉は天一国を建てる前、12年前に立てた言葉です。『天地人真の父母定着』、それで全てが終わるのです」

 

 私が座る場所、立つ場所がどこにありますか。太平聖代がどこにありますか。そのようなことを誰よりも苦労し、誰よりももどかしく、誰よりも身もだえした人が ここにいる、名前は何かというと、『文龍明』だ。

 

 と語られ次に、お父様は御自身のお名前について、以下のように解説された

 

『龍』の字は、『立』という字の下に『月』を置いて、上に『上』の字をもってきて、三人の息子を抱いたのが『龍』の字です。今は『鮮明』です。『鮮』の字は、『魚』偏に『羊』です。やはり、『明』の字は必要なのです。『龍明』も『明』の字が入り、『鮮明』も『明』の字が入ります。一つは地のものであり、一つは空中のものです。時空を表すのです(※『龍』と『鮮』は空と地上の空間を表し、『明』は『日』と『月』で時間を表すという意味)。空間が先なので(※空間があって時間もあり得るので)、『時空』ではなく、私の名前は『空時』になっています」

 

 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

拍手[4回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

リンク

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
30 31