忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

神山先生が2014年9月下旬日本を巡回講演されました。 この巡回を機に集会に参加した食口たちを連結し、正しい原理観・摂理観に立った道を歩めるよう共に学び、助け合う「友の会」を結成しました。心ある食口、祝福家庭の多くの参加をお待ちしております。

「出発時の決意がすべてを決定する」(1月28日)

Jan.27.2017 今日の訓読のみ言

「出発時の決意がすべてを決定する」

御旨と世界17  

 君達はいくら苦労して活動してその環境から追われでも、白分自体を神の前に永遠に残さなければならない。イエス様は外的に、十架路程に消えていだけれども、的に神の情に焼き付いた基準は、神御自身報いざるを得ない。イエス様がそれを願わいとっても、神の心情を抜き去ることはできない。イエス様は4000年の歴史上、最初の子供である。ここには300人近くいるだろう。この人たちがこういう決心だけするならば、日本43の問題は吹っ飛んでしまう。勝利というものは過程においてまるものではなく、出の時の内的基準によってれた結果、表れてくるのが勝利である。これが分からなけばならなの勝生死の境百回見て成し得たものだとい合には、それをい返すためにそれ以上の決意必要である。神は永遠なる勝利、サタンも追いつけない利を願っている。

 

 賢はひとたび歩み始めた道を全うする。中途でわるにはいかる勝利もく、勝利は耐え忍んで最後まで全行程を走りく者の上にのみある。

 

 日本の現状にあって、まあ先頭に立って、厳しいつらい中を自分ながら苦労してきたけれど、これでいいだろうか、効果があるだろうか、と思うかもしれない。しかし先生にはちゃんと計算の世界がある。だから統教会が教えているすべてのものが、歴史を動かし歴史に残っている。考えもしなかった、思ってもみなかったことをあなたたちにえているんだよ。日でも、相統一会はうわさになっている。若い年時代をみな費やして、苦労の道を重ねていったいどうしようか。やっと東大に入学して、親兄弟や知人からたたえられていたのに、統一門下にって、家中がめちゃめちゃの結果になってしまった。そういう人がたくさんいる。しかし、男であるならば世界を舞台にしなければ狭い。いくら労しても、日本圏内おける苦労は神の理想圏に入り得る苦労ではない。統一教会は何か。神の理想圏に入り得る基を目的とするから、それを知った我々は、より大いなる価値を中心とせざるを得ないとう結論に達する。

 

拍手[3回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

リンク

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
28 29 30 31