忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

大事に稼いで大事に使う(4月20日)

Apr.20.2017 今日の訓読のみ言

大事に稼いで大事に使う

自叙伝159  

 商売をして集めたお金は神聖なお金です。しかし、商売で得たお金を神聖なものにするには、それに携わる者が(うそ)をつかず、暴利を(むさぼ)らないという条件が必要です。  商売をするときは、常に正直でなければならず、3割以上の利益を取ってはなりません。そうやって大事に稼いだお金は、当然貴い目的のために使うべきです。目標が明確で、志のあることのために使わなければならないのです。私は生涯、そのような心がけで事業を展開してきました。事業の動機は、単純にお金を稼ぐことではなく、神様の仕事である宣教活動を支えるところにあります

 

 私に対して世の中では、世界的な金持ちだとか億万長者だとか言いますが、それはよく知らずに言う話です。私は生涯、一生懸命に働いてきましたが、自分のために建てた家は一軒もない人です。私の妻や子供たちのためにためた財産もありません。成人なら誰でも持っている一本の印鑑さえありません。

 

 人が眠るときに眠らず、人が食べるときに食べず、人が休むときに休まずに働いた、その代価は何かと尋ねたいでしょう。しかし、私は金持ちになることを願って働いたのではありません。お金は私にとって何の意味もありません。人類のために、貧困で死んでいく隣人のために使われないお金は、一枚の紙切れにすぎません。一生懸命に働いて稼いだお金は、世界を愛し、世界のために働くところに使われてこそ、相応(ふさわ)しいのです。「お金を大切に使い、何でも節約しなさい」

 いつも食口たちに強調することです。アイスクリームや飲料水のようなものも、買って食べずに水を飲みなさいと言います。そうやって節約して自分だけがお金持ちになりなさいという意味ではありません。国を助けるために、人類を助けるために大切にするのです。どのみち、この世を旅立つときは何も持っていくことができません。私たちは皆、その事実をよく知っています。それなのに、何をそのように握り締めようとするのか理解できません。私は、生涯に手にしたものをすべて差し出し、身軽にこの世を旅立つでしょう。天の国に行けば金銀財宝があふれるほど散らばっているのに、地上から何を持っていくのでしょう。私たちが暮らしている世界より、もっと良い世界に行くと考えれば、地上のものに執着する理由がありません。

  

 幸福は常に私たちを待っています。それでも私たちが幸福を探し出すことができない理由は、欲望が行く道を(はば)むからです。欲に(くら)んだ目は前を見ることができません。たったいま地面に落ちた黄金のかけらを拾おうとして、その先にある大きな黄金の山を見ることができず、ボケットに入れることにあくせくし、ポケットが破れたことも分かりません。私は今も興南監獄で生活していた時のことを忘れません。いくら卑賎(ひせん)な所でも、興南監獄よりは楽で恵まれています。すべてのものは公的なものであり、天のものです。私たちは、ただ管理しているにすぎません



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

神山威会長 追慕復興集会(in福岡)のご案内

 

 「私が統一教会の青年たちに接してみて、驚いたのは、彼らは目先のことに関心がありませんでした。食べること、着ること、住むことに無関心です。かといって、従来の宗教のように現世利益を否定して、ひたすら来世での幸福を求めて、修道の生活に甘んじているわけでもありません。彼らは数こそ少ないのですが、若くて、健康で、かつ情熱的でした。彼らの目は輝き、口から出る言葉は、日本とか世界のことばかりです。目先の利益と日本や世界あるいは将来の利益を求める違いをまざまざと感じました。」

久保木会長の証『日本統一運動史』より

 

20149月に神山会長が講演された思い出の場所に裕子夫人が来てくださいます。

日本では、ほとんど聞く機会がなかった神山裕子夫人の証は感動的であり、私たちに悔い改めの機会と、リバイバルの出発を確信させてくださるでしょう。信仰の原点に立ち返り、霊界の神山会長と共に新しい兄弟姉妹としての絆を深める集会にしたいと思っております。ご来場お待ちしております。

 

 

◆日時:

2017430日() 

受付:午後100分 ~

開会:午後1時30分 ~ 閉会:午後400

懇親会:午後415分 ~ 午後530


◆場所:

839-0864 福岡県久留米市 百年公園11

電話: 0942-37-6111(百年公園内)

久留米リサーチパーク2F 研修室E


◆アクセス:http://www.krp.ktarn.or.jp/008_Access/index.html


◆服装 礼拝参加の服装 


◆参加費 お花料として、お気持ちでお願いいたします。


◆参加申し込み・お問い合わせ

Email  kundokutomonokai@gmail.com

電話:090-9563-9315  担当 藤井

拍手[4回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
23 24 25 26
27 28 29 30 31