忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

天から召命された家庭(1月5日)

Jan.5.2018 今日の訓読のみ言

天から召命された家庭


環太平洋摂理と巨文道  第三章 天一国主人の召命的責任

 

第一節 天から召命された家庭

  皆さんには天の召命的責任があります。皆さんが統一教会に入ってくるとき、ただ入ってきたのではありません。皆さんの先祖たちの功績があるので入ってきたのです。ですから、先祖たちの思いを成し遂げてあげるべき責任があります。因果法則は不変の真理です。蕩減法則というものは、摂理の最後まで人間世界に適用されることを知らなければなりません。ただはありません。そのまま無事通過することはできないというのです。 (213―1171991・1・16

 天の召命というのは、呼ばれてきたということです。命令によって呼ばれたということです。これは、自分は東の方に向かっているのに、ある絶対的な中心によって、「西の方に行きなさい」と新しい命令を受けたということです。その命令が東の方から来たとしても、東の方の人たちに命令されたのではありません。中心を通して命令を受けたのです。その中心は、すべてのものの希望の基準を代表できる中心なので、天から召命された人は、全体の中心に対して相対的役割を果たさなければなりません。(188―255198931

 天地を統治することができ、天地を安息させることができ、天地を統一できるまこと真の愛を中心として天から召命され、選び立てられた家庭、これ以上に祝福されたものがどこにあるでしょうか。過去の歴史時代は、今まで個人召命を受けるために努力してきたのであり、「家庭召命」という言葉がありませんでした。これまで宗教界には「家庭召命」という言葉がなかったのです。しかし今、統一教会では家庭を召命するのです。(188―298、一198931

 この世の中を見るとき、その国が理想的な国になり、その国が平和の国になり、標準となる国になろうとすれば、どのようにしなければならないでしょうか。

 標準となる国になるためには、標準的個人がいなければなりません。個人の中で、標準的男性がいなければならず、天の召命の基準に合格した女性がいなければなりません。そして、天から召命された基準に合格した男性と女性が、天から召命された立場の夫婦にならなければならないのです。

 男性の愛と女性の愛が、神様が願う本来の男性の愛と女性の愛の基準に一致できるようになるとき、そのような夫婦は、すべてを代表する基準で天の召命を受けた夫婦になります。そのような夫婦になり、そのような父母になって息子、娘を生むとき、天から召命された家庭の道が生じるのです。(188―273198931

 家庭を召命するにおいて、誰が召命するのでしょうか。神様とまこと真の父母が、世界を代表する立場で召命するのです。それでは、神様はどのような方ですか。縦的な真の父母です。縦的な真の愛を中心とする父母であり、横的な真の父母が真の父母です。堕落していない父母として、真の愛を中心に横的な父母と縦的な父母が一つになるのです。これは世界的です。この世界をすべて球形にするのです。球形を成すこの版図を代表して天から召命されたのが皆さんの家庭だというのです。

 ですから、皆さんが家庭さえ完成すれば、メシヤは必要ないのです。世界をすべて天国に送り、神様を解放し、万民を解放し、真の父母を解放した場ですべて天国に送り、そして初めて皆さんが天国に入っていける家庭的因縁をもつことができるというのが天から召命された家庭です。(188―2981989 31


拍手[2回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
17
25 26 27 28 29 30