忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

天に侍るための精誠(10月22日)

Oct.22.2015 今日の訓読のみ言 

天に侍るための精誠

            至誠感天・家和万事成より抜粋


 神様の恨と、イエス様の恨と、歴史的な人類の恨を解くために、私たち自らが祭物の立場に立ち、あらゆる精誠を尽くし、あらゆる愛をすべて注いでこの国を愛さなければなりません。一つの命に対しても、父母の心情をもって僕の体を用い、涙と血と汗を流して精誠を尽くさなければなりません。そのようにすれば絶対に滅びません。そのような人は、行けば行くほど栄え、行けば行くほど主体者として登場するのです。そのような人には、天運が共にあります。このようなことは、先生が実験してみて、経験を通して間違いないと悟った事実なので、皆さんにはっきりと教えてあげるのです。先生の言うとおりに実践してみてください。(38293197118

 

 自分を中心としたものになれば、精誠は成し遂げられません。精誠は、自分を中心として尽くすべきものではなく、相対、すなわち、家庭なら家庭、社会なら社会、国家なら国家など、より大きな相対のために尽くしてこそ、「精誠」という名詞が成立するのです。自分を中心として精誠を尽くしたものは、自分一代においては残り得るかもしれませんが、それは、自分一代と共に流れていってしまうのです。

 

 精誠の基台は、相対のためのものだけが残ることができます。その相対の大きさによって、精誠を尽くした実績や、結べる因縁の大きさが決定されます。ですから、皆さんは、自分を中心とするところではなく、必ず相対のために生きるところにおいて精誠の要件が成立し、「精誠」という名詞が成立するということを、肝に銘じなければなりません。  (172271967・1・29

 

 今後、真なる息子、娘が尽くすべき精誠とは何でしょうか。これからの精誠は、天に侍るための精誠でなければならず、侍る場に同参するための精誠でなければなりません。(172451967129

 

本文中、各文章の末尾にある( )内の数字は、原典『文鮮明先生み言選集』の 巻数とそのページ、または、み言を語られた日付を示しています。 

 


 

  公開質問状&反論まとめ

「今日の訓読のみ言」復興集会 映像まとめ


ブログランキング・にほんブログ村へ

 今日のみ言はいかがでしたか? 
心に響いた方は神山先生の写真をクリック!

 

拍手[2回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30