忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

神山先生が2014年9月下旬日本を巡回講演されました。 この巡回を機に集会に参加した食口たちを連結し、正しい原理観・摂理観に立った道を歩めるよう共に学び、助け合う「友の会」を結成しました。心ある食口、祝福家庭の多くの参加をお待ちしております。

祈りは真剣に(2月28日)

Feb.28.2017 今日の訓読のみ言

祈りは真剣に


祈祷の重要性  1979415
 

祈りは真剣でなければなりません祈りは一つに集中しなければなりません。二つの違った思いがあってはなりません。結婚の時は、男性にとっても女性にとっても、人生で最も真剣な時です。しかし、祈りはそれ以上に真剣でなければなりません。そして、そういう真剣な祈りには答えが返って来ます。親が死ぬ時も、真剣になる時です。父親が死のうとしているのに、そのベッドから離れることはできません。神に対する祈りは、それ以上に真剣でなければなりません。祈りを他の言葉で言い換えれば、それは神とあなたとの間における約束、契約です。一度契約を結べば、守らなければなりません。まちがいなく果たさなければならないのです。それが、あなた方の姿勢です。

祈りに対して、すぐに答えが返ってこなくても、ガッカリすることはありません。時には長い時間がかかることもあるのです。また、すぐに答えが返ってきたからといって喜びすぎてはいけません。神とあなた方との間には、さまざまな段階で隔りの世界があるので、届くまで時間がかかります。多くの人は、祈っても聞き入れられないと祈りを止め、神を裏切ります。最後の一インチを耐えることができないのです。それは、なんと愚かなことでしょう。あなた方が世界のために祈っても、あなた方のまわりで、すぐには何も起こりません。それで、その祈りはあなた方にとって意味がないように思われるかも知れませんが、しかし遠く共産主義の世界では崩壊が始まっているのです。祈りによる衝撃は向こうに伝わっています。あなた方がアベルの立場にいるとすれば、その答えはカインの方からくるのです。それが届くには時間がかかるのです。

あなた方の祈る祈りの種類によっては、それは一千年後に満たされるかも知れません。私はそのような祈りを、一千年、二千年後のためにします。その祈りが満たされるまで、統一教会はそれに向かって進んでいくのです。たとえ私が霊界に行っても継続されます。そのような祈りが必要です。もし、統一教会のメンバーがそのような祈りをもっとすれば、全世界はもっと動くでしょう。その影響、衝撃は、世界的レベルで起こります。祈りの根は、あなた方の涙と汗と血です。それらの上に美しい花が咲くのです。イエス様はゲッセマネの園で、涙と汗と血を流しながら真剣な祈りをされました。深い祈り、それは一時間ではなく、十時間、時には一日中。そういう祈りは感動させます。

  どういう姿勢で祈るのが一番いいでしょうか。もし、あなた方が膝をついて頭を下げて祈ることができれば、それが一番良いでしょう。あなた方はそのような姿勢で体を主管し、体の苦痛がでても乗り越えなければなりません。そうすれば、神はあなた方が真剣であることを知るでしょう。イエスや偉大な聖人たちも、祈りがなければ偉大なことはできなかったのです。祈りによる力、衝撃が歴史を作ったのです。あなた方は祈りの力に対して希望をもっていかなければなりません。それは、いつ祈りが満たされるかわからないので、いつでも希望をもつことができるのです。しかし、多くの場合、あなた方は祈りを忘れてしまいます。

現在、第三次七年路程の最終的段階を終えようとしているので、その勝利のために私は祈っています。私は一人です。あなた方は私がリラックスしていると思うかも知れませんが、私はリラックスする時間など一瞬もありません。私の心は第三次七年路程の目的のために、いつも働き祈っています、あなた方は祈りの重要性についてわからなければなりません。信仰の確信のある祈りは答えられます。祈りによって力を与えられます。また祈りによってビジョンを受け、未来をみることができ、未来を導くことができます。そして、どのような困難がきても、それを乗り越えて発展させることができます。そうすれば、あなた方は大きな仕事ができるのです。祈りだけが、そのような道を開拓できるのです。

 

私は自然を愛します。なぜなら木や水・海・草などの自然は、私に、祈るための良き環境を与えてくれるからです。私は静かな真夜中に祈るのが好きです。黙想するのに最高の時間だからです。私はそこで受けた構想や見た光景についてあまり語りませんが、あなた方が受けるような構想や夢を私はいつも受けています。それを語るには、あまりにも幻想的です。そのような新しい世界のドアを開けて、そこに届くのは祈り以外にありません。そこで愛を味わい、愛を経験するのです。これはとてもしっとりと暖かいものです。乾いた砂漠では、そういうしっとりとした暖かい愛を感じることができません。だからあなた方自身が、そのような愛を発するモーターにならなければなりません。そういう力を発することができるように研究し、それを永続させるようにならなければならないのです。それが祈りの力なのです

 

人々が認めようが認めまいが、見ていようが見ていまいが、それはあなた方の義務であり、果たさなければならないことなのです。それは神との契約なので、熱狂しながら信仰をもって満たさなければなりません。昼でも夜でも行くのです。休む時間はありません。それは生きた証しなのです。祈りに対する私の主題は毎年変わっています。なぜなら新しい段階、新しい時代へと進歩・発展しているからです。私は神のタイム・テーブルにおいて、現在がどのような時にあるかをはっきり知っています。それは祈りによって知るのです。あなた方にもそのような準備が必要です。わかりましたか。(はい!)では、そう祈る者は手をあげてください。(はい!)。どのように祈るのですか。(先生がきょう話されたように!)あなた方は、神の国と義のために祈らなければならないのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

拍手[5回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

リンク

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
28 29
30