忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

私たちは祝福を通して(9月21日)

Sep.21.2015 今日の訓読のみ言

私たちは祝福を通して

御旨と世界 P.563 

 私たちは祝福を通して、堕落と逆の経路をたどることにより復帰されるのです。先生はこの秘密を解明することによって、サタンの妨害を退けて堕落人間が神に帰る復帰の道を開拓したのです。こうしたすべての路程を開拓するためには、誰かが、人一倍苦労して、道を切り開かなければなりませんでした。

 

 先生はこの道を開拓して、復帰の公式を確立したのです。あとに続くあなた方はこの公式をよく理解して、それを応用して歩みさえすればいいのです。だから、復帰されるためには何が必要かというと、子女が必要なのです。サタン世界から最初に復帰されるときは一人ですが、完全に復帰された段階に到達する為には、子女をもたなければなりません。

 最初に必要な子女は霊の子女です。あなた方は、霊の子女を基台として祝福を受け、肉の子女をもつことができるようになるのです。それらの子女がどんどん生み殖えることによって、あなた方を中心として、あなた方の家系が拡大していくことになるのです。すなわちあなた方自身がそれぞれの家系における真の父母の立場に立つのです。

 先生の願いは、あなた方すべてが真の父母になってくれることです。これは単なる理論ではなく、先生自身が実際に歩んできた路程であり、この路程の公式が、個人、家庭、氏族、民族、国家、世界、天宙へと拡大していくのです。

 先生はこれら一つ一つの水準において、自ら勝利することによって、サタンからの解放を宣言してきました。個人の解放、家庭の解放、氏族の解放、民族の解放、世界の解放、天宙の解放、そしてさらには、「神の解放」を宣言したのです。これまで悲しんで来られた神が、先生によってついに解放されたのです。これこそ恐るべきことではないでしょうか。あなた方にはこの重大な意味が分かるでしょうか。

  

 私たちは、復帰の聖業をすべて、霊界と地上界の両面においてなさなければなりません。地上でなすべきことをしないで、霊界へ行った場合には、霊界から地上に降りて来なければならなくなります。先生は、ここではっきりと宣言します。「統一教会の食口は、3人以上の子女をつくらなけば、祝福を受ける資格がありません」。イエス様は、霊の子女を基台にして祝福を受け、地上に真の父母として立つことが願いだったのです。しかし、イスラエル民族の反対により、その願いを果たすことができませんでした。

  

 人間始祖の堕落は、決して霊界において起こったのではなく、この地上においてなされたのですから、復帰も、正に、この地上においてなされなければならないのです。天国は、まずこの地上において実現されなければなりません。イエス様は、天国建設の鍵をこの地上に残して行かれました。だから、マタイ福音書16章に、「地上でつなぐことは天でもつながれ、地上で解くことは天でも解かれる」と書かれているのです。この意味が分からなくては、聖書全体の意味を理解したことにはなりません。

  

 私たちは神のみ旨を成就し、天国をこの地上に建設するために、神によって直接選ばれて集まってきました。私たちの使命は、この地上からサタンを追い払い、天地に神の栄光と勝利を宣言することです。「復帰の公式とは何か」について、もう、よく分かったことと思います。しかし大事なことは、その公式に従って「歩む」ことであります。

 

 先生が確立した復帰の公式は、サタン世界が残っている限り、引き続き適用されなければなりません。先生がサタン世界に勝利し、これを乗り越えたと宣言する時、それは先生だけが乗り越えたことを意味するのではなく、全霊界もまた、サタン世界を乗り越えたことを意味するのです。


「今日の訓読のみ言」復興集会 映像まとめ


ブログランキング・にほんブログ村へ

 今日のみ言はいかがでしたか? 
心に響いた方は神山先生の写真をクリック!

 

拍手[1回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31