忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

先生の十字架(2月17日)

Feb.17.2018今日の訓読のみ言

先生の十字架

歴史的父母の日1977418日 

ニューヨーク・マンハッタンセンター

 

私たちの敵は世界的です。彼らは世界中で私たちに反対しているのみならず、時には非常に汚い手を使います。例えば彼らは、その勢力下にある者を、善良なる人間であるかのように装って統一教会に入会させ、そして統一教会の会員として、様々な問題を引き起こさせるのです。そのようにして統一教会の会員が問題を起こしたことにして、統一教会と、レバレンド・ムーンの評判を悪くしようとしているのです。かわいそうなのは先生です。統一教会の外から数々の攻撃を受けるのみならず、内部からも会員たちの行為によって、先生が恥ずかしい目に遭わされるのですから。

あなた方は、先生をどのように見ているのでしょうか。確固たる信念と、鉄の意志をもち、決して崩れない人間として見ているのでしょうか、それとも、臆病で、神経質で、弱い人間として見ているのでしょうか。先生は自分でも、単なる普通の人間とは思いません。先生は、ある意味では火のように激しい、極端な性格をもっていますが、それは正に神から授かったものです。しかしそれでいながら、あたかも骨のない人間のように、じっと打たれるままに我慢しているのです。

 誰をも呪わず、誰にも復讐しようとはしません。なぜならそうすることが、神の願いであることを知っているからであり、ただ神のみ旨を成就することのみを考えているからです。イエス様は、十字架上の死に際して、なお敵を許し、彼らの祝福を祈りました。しかし、レバレンド・ムーンは、この地上において、生きてこの世から打たれ、迫害される苦しみを通して、敵を許し、この世と、この世の罪人を祝福するという条件を立てたいと願っているのです

 イエス様は、十字架について死することによって、サタン圏から自らを解放しましたが、先生はこの地上に生きている間に、それを完遂しようとしているのです。そこに大きな違いがあります。なぜ、そうしなければならないかというと、神は、この地上において勝利が実現されることを望んでおられるからです。全人類をサタン主管圏から解放することを使命としている先生は、したがって自ら先駆けて、この地上において勝利の基台を完成しなければならないのです

 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

拍手[3回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
28 29 30 31