忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

歴史的判断を決めなければならない  (3月8日)


御言集 第一巻 P.137

  神の戦法とは打っていく戦法ではない。まず自分が打たれて打ったものが持ってくる。すなわち、サタンの方は打って奪う。神の戦法は打たれて打った者がもってくる。そういう戦法である

 神は今、若者たちに()い、要求している。こういう複雑なるこの現世において我々を立たして、ある目的を果たそうとする、我々は行かなければならぬ立場である。そうすれば、君たち一個人として考えればこれ は非常な問題である。しかし、一個人の抱くその正義に訴える心、向義心に立つその心というものは、これ は歴史を動かしてきたし、その決心の基準において、そうしてその目的に対して、いかなる障害にぶち当ってもそれをおさえなければならないというその実践をもって勝利した場合には、世界はその人に従わなければならないのである歴史はその人を崇拝しなければならないのである。ゆえにそういう歴史的な動きが現 代世界の動きであるから今までの神の戦法として、戦わせるには、生命をも投げ捨てて自分の一番尊いもの、自分に一つしかない最高のものを最先端に立たして戦わせる、これが神の戦法である。

 

 

 だから今までの復帰路程において(なら)った我々の先祖というものは、真なる神の愛される義人であった、その人はその時代の最先端に立って打たれたのである。それは大いなる使命を持てば持つ程、その環境的範囲が広い。打たれる対象は(せま)いけれども、打たれるものは世界的版図と、世界的理想を抱いているのである。 打つ者は一人を打ったのだけれど、そういう希望を抱いた者を打った以上は世界的問題を条件として審かれることになる。これが蕩減条件である。だからイエス様において、その当時のキリストは惨めなものである。ユダヤの国において、 これは反逆者であるとされ、追いに追おれて、行くところがなくなり、十字架につけられてしまった。しかし、たれるときのその個人は個人であっても、天の父を背景とし、今までの歴史と 現世あるいは未来に生まれる数多くの人類のために、過去現在未来を抱いて打たれた。厳として打たれた。 四方八方から打たれた。


公開質問状&反論まとめ


       教会の「声明文」と「第三弾」に対する反論と提案(その3)


ブログランキング・にほんブログ村へ   

  今日のみ言葉はいかがでしたか? 心に響いた方は神山先生の写真をクリック!

「今日の訓読のみ言」復興集会映像まとめ


 

拍手[2回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31