忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

真のオリーブの新芽を接ぎ木(2月10日)

Feb.10.2018今日の訓読のみ言

真のオリーブの新芽を接ぎ木

天聖経 P.214  

 皆さんにトゥルー・ペアレンツ(真の父母)がなぜ必要ですか。新しい血筋を受けるためです。原理で見ると、旧約時代は信仰基台時代であり、新約時代は実体基台時代であり、成約時代は新しい理想時代です。ですから、「愛の時代として、天国の善なる血筋を受けなければならない」と言いました。今までは、血筋が違いました。

 

 先生は、本然の伝統的な血筋を相続し、このようなすべての真理を知って、サタンと戦っているのです。このようなことが分かるので、そうするのです。分かりますか?

「真の父母」は真のオリーブの新芽です。皆さんは、みな切ってしまって、「真の父母」の芽を接ぎ木しなければなりません。父母の芽と神様の芽を接ぎ木しなければなりません。何の話か分かりますか? そのようになれば、思想は神様、真の御父母様とそっくりだというのです。

 

 ですから、みな同じ実、善なる息子、娘を生むことができるのです。サタン世界を中心としては、あり得ないのです。

拍手[2回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31