忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

自然は私たちの第一の親(7月13日)

July.13. 2015 今日の訓読のみ言    
自然は私たちの第一の親

「私たち自身を知ろう」   1979930
 
全世界があなた方に敵対する前に、私がサタンの役を務めて、残酷で無慈悲でいようと思います。あなた方は、それを受け入れますか。それだけでなく、神もまた私以上に、あなた方に対してつらく当たることでしょう。あなた方はそれを、なぜ受け入れることができるのでしょうか。それは、あなた方が最もやっかいなテストを通過することによって、神の最も深い愛を相続することができるということを知っているからです。その唯一無二の愛を受けるために、あなた方は、どんな重荷をも背負うことができると感じているのです。このような信念をもった人々は、陰気で不幸せそうな顔つきをしているでしょうか。それとも彼らは、雨が降っても晴れていても、とっても元気にあふれているでしょうか。なぜ私たちはこの任務を担い、私が言うように、この生命の狭い門を通っていかなければならないのでしょうか。

 神は、御自分の二性性相をもって、すべてのものを造られました。それらのものは神と縦的につながれているだけでなく、互いに横的にもつながれています。神は霊であり、被造世界は物質です。また、物質世界が横的であるのに対して、神と霊界は縦的です。神の見えない二性性相は見える形に現されました。したがって、あらゆるものは神のかたちに従って造られているわけです。ここにおいてあなた方は、どこに属していますか。一人一人は宇宙の縮小体です。あなた方の体は、世界のすべての要素で造られています。自然は、あなた方の体を造るすべての成分を、供給したわけです。ということは、つまり宇宙は自らを捧げることによって、あなた方を造ったということになります。もし自然が、あなた方に貸し付けたものをすべて返してくれと要求したとすれば、あなた方には何か残るものがありますか。あなた方は、宇宙があなた方を生み、あなた方を造ったと感じることができます。

 だから、自然があなた方の第一の親であるわけです。あなた方は、自分が宇宙の縮小体であるということを気持ちよく感じますか。あなた方のうちには、すべての宇宙の型とか公式とかいったものが見いだされます。厳密にいうと、あなた方は動くことのできる小さな歩{}{}宇宙であるのに対して、宇宙は静的です。あなた方は動き行動できるので、宇宙を治めることができるのです。宇宙はあなた方に主管されたいと望んでいますから、あなた方の第一の義務は、自然を愛するということです。そこで、あなた方はどこにいようと被造物を愛し、それを鑑賞することができるのです。

 あなた方は草木や花、鳥や流れる水を愛したいという衝動を感じるのですから、どうしてあなた方の同胞たる人間を愛せないことがあるでしょうか浜辺に横たわる時、あなた方は親の懐の中に横たわっているように感じたり、木にもたれかかっている時、兄弟にもたれかかっているように感じることができます。自然はそれに対して、抗議したりするでしょうか。それとも、あなた方がそれを真に愛し、知ってくれていると感じるでしょうか。すべてのものは、あなた方のために存在しています。だからその理由のために、あなた方はそれらを鑑賞することができるわけです。男性は宇宙の一人の息子であり、女性は宇宙の一人娘です。それならば、両者間にどれだけ深い愛が可能となるでしょうか。

 あなた方はかつて、太陽と会話し、自分はそれを愛すると言ったり、それに対する愛の歌を歌ったりしたことがありますか。自らを詩人と考えている多くの人々は、この真理の深さを理解していないので、彼らの詩は表面的で浅はかです。私は真実を言っているでしょうか、それとも、そう装っているだけでしょうか。

  すべてを親として愛しなさい
 あなた方の第二の両親は、あなた方自身のお父さんとお母さんです。彼らは宇宙を代表しており、あなた方の命を生むために働かれました。男性と女性たちは、自分は宇宙の中心だと感じてもよいでしょう。なぜなら、宇宙の代表者である両親が、肉体の生命をこの地上に生み出してくれたからです。あなた方の両親は、父親と母親だけではなく、全人類――つまり教師や近所の人たち、親戚をも表しています。ですから親に仕える時、実にあなた方は、ただ単に二人の個々の人々に仕えているだけではなく、全人類に仕えているわけです。そうすることによって、全人類に愛されるのです。このような歴史的な背景から、息子、娘である私たちの徳は、親に孝行心をもって仕えることだといえます。あなた方の目の前の家族や近所の人々は、人類の縮小体を表しているわけです。あなた方の姉妹は全女性を表し、あなた方の兄弟は全男性を表しています。したがって、あなた方の家族は人類の縮小体です。

 真実の人間は、すべての人々を、「一つの人間の家族」とみなす人です。真なる男性、あるいは女性であれば、年上の人を見ると、その人を自分自身の親、あるいは祖父母とみなします。また、別の若い男性や女性は兄弟姉妹であるわけです。もし真なる人間であるならば、自分の家族だけでなく、全人類を愛します。自分の家族だけを愛して他の世界を愛さないということは、原理に反しています。もし、たまたま白人である人が黒人の家族の一員となったり、年上の人や若い男女を自分の祖父母や兄弟姉妹のように愛するのを見るのは、最も刺激的な冒険です。

 もし誰かが大変な困窮状態にあるのを見たならば、あなた方は彼らの必要を満たしてあげたいと思うでしょう。なぜなら、彼らは単なるあなた方の同胞であるのみならず、あなた方の兄弟姉妹であるからです。ここアメリカでは、親が年を取って自分自身の世話もできなくなったとき、彼らは子供の家に行くでしょうか。それとも老人ホームに行くのでしょうか。どちらが理想的ですか。あなた方は、他のすべてのアメリカ人と全く同じように、老人は老人ホームへ行くべきであると思いますか。おばあさんは、自分の孫を訪ねるのと、老人ホームを訪ねるのとでは、どちらがうれしいと思いますか。

 あなた方は自分のおばあさんを、自分の家に受け入れたいと思いますか。あなた方は現実的にそれをしようと思っていますか、それともここにいるから、「はい」と言っているだけですか。あなた方は自分が新婚の妻だとしたら、大勢親戚のいる夫の家族と一緒に住みたいと思いますか。それとも、彼と二人きりで生活したいと思いますか。もし、宇宙の公法に従って生きたいと思うならば、彼の家族と一緒に住みたいと思うでしょう。

 あなた方は自分を生んでくれた親をもっていますが、究極的には、あなた方はあなた方を創造した非常に重要な親をもっています。……それは神です。あなた方の両親は、神があなた方を創造するために用いた道具であったわけです。真の父母を求める旅は、第一の親である自然を愛することから始まり、その次は自分を生んでくれた親を愛し、それから究極的な親、つまり私たちの創造主である神のもとに行きます。神は究極的な目的であり、私たちの永遠の父母です。現在誰もが恐れている死の瞬間は、実は成就の時間です。もしあなた方が、この地上で正しく生活を送っていれば、あなた方の生活は、究極的には一人の共通な親のもとに導かれます。すると死の瞬間は、あなた方を、その親と永遠に生きるために解放する時なのです。神は私たちすべてにとって真の親であり、終わりのない真の愛をもっています。神と共に生きる生活こそ、私たちが天上天国と呼んでいるものです。

 その世界の主たる雰囲気は最高の愛です。その愛は利己的なものではなく、犠牲と奉仕に基づいています。それがそのような宇宙的な法を基盤としているので、その最高の愛は繁栄するのです。



 開質問状&反論まとめ

「今日の訓読のみ言」復興集会 映像まとめ
ブログランキング・にほんブログ村へ
 今日のみ言はいかがでしたか? 
心に響いた方は神山先生の写真をクリック!


拍手[3回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31