忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

「復帰路程における決意の基準」 (1月4日)


                                   「心情の境」1967612日 

 み意に立って、天の使命をうけて、もしも打たれて手かたわになれば、これは幸福の徴だ。自分の体に忘れ得ざる傷を残すのは、永遠の光の世界におきましては、光のもとである。讃美のもとである。先生はそういうを考ている。だから、或いは牢屋に引き込まれて、打たれて、血をはく立場におきましでも、これをやり過ごしたら歴史を失しなってしまう。なる先祖達の功がとんでしまう。民族的基盤がくずれてしまう。だからそういう緊張した立に立ても、その環境はどうでもいい。それが問題じゃない。自分自身に対して緊張せざるを得ない。そして、神の法に徹していこうそういう信念でもって、歴史上の人物以上の場をもってくならば、は勝利が決定する。死ぬところがあったらとび出して行ってそこをたどって行っても、の道が平和のである。

 

 だから復帰路程を全に越える過程におきましては、7回以上死を決する、そういう過程を通過しなければならない。どうせ神のみ意がわかった、どうせこの道を行かなければらない。必須の使命として行かなければならないんだったら、真心こめ、忠誠なる心をもって、重大なる問題に、世界的な問題に身を投げて爆発する。それが堕落した人間としてはすばらしい立である。先はそう思うんです。もしも神の御前においてそういう最後を遂げたなら、その人はちゃあんとくところは決まっている。

 

 この統一教会の誰が第代の殉者になるか。我々は世界復帰のために世界的戦いをしなければならない。善の戦いを展開しなげればならない。その過におきましては、ある時には、攻せられて、思わざる死の立場に立つ人もいるでしょう。その人が第一代のるわけですね。

 

 ステパノは殉教史を神の側から見れば、第代の殉教者になるわけですね。ステパノは知識の人間じゃないんです。冒険性のある、ちょっと足らない、生命をかげる時には、という気質が殉教者としての要素になったわけですね。それでもってキリスト教の第一代の殉教者なった。殉教史を神の側から見れば、第一代の殉教者なるステパノは使徒よりも高い位置になる

 

 

使徒行伝75160

52 いったい、あなたがたの先祖が迫害しなかった預言者が、ひとりでもいたか。彼らは正しいかたの来ることを予告した人たちを殺し、今やあなたがたは、その正しいかたを裏切る者、また殺す者となった。 

53 あなたがたは、御使たちによって伝えられた律法を受けたのに、それを守ることをしなかった」。 

54 人々はこれを聞いて、心の底から激しく怒り、ステパノにむかって、歯ぎしりをした。 

55 しかし、彼は聖霊に満たされて、天を見つめていると、神の栄光が現れ、イエスが神の右に立っておられるのが見えた。 

56 そこで、彼は「ああ、天が開けて、人の子が神の右に立っておいでになるのが見える」と言った。 

57 人々は大声で叫びながら、耳をおおい、ステパノを目がけて、いっせいに殺到し、 

58 彼を市外に引き出して、石で打った。これに立ち合った人たちは、自分の上着を脱いで、サウロという若者の足もとに置いた。 

59 こうして、彼らがステパノに石を投げつけている間、ステパノは祈りつづけて言った、「主イエスよ、わたしの霊をお受け下さい」。

60 そして、ひざまずいて、大声で叫んだ、「主よ、どうぞ、この罪を彼らに負わせないで下さい」。こう言って、彼は眠りについた。


拍手[6回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
25
26 27 28 29 30