忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

新年明けましておめでとうごいます。

今日の訓読のみ言友の会のブログをお借りして
新年のご挨拶をさせていただきます。

新年明けましておめでとうごいます 

 2015年、良き未年を迎えたことと思います。

 今年も皆さまのご家庭が神様の真の愛に満たされ、豊かで希望に満ちた溢れた年となりますようにお祈りいたしております。

 

 昨年、私(神山)が語った内容が 「統一教会ブログ村」 で論議の的になっております。そこで新しい年を迎え初頭にあたり、今、私が考えている個人の思いと、抱負そして自分自身に言い聞かせている内容を述べさせていただきたいと思います。

 私は昨今の教会の信仰問題に対し、本部との公開討論会を通じて、一挙に問題の解決を図ろうとしましたが、本部が拒否することによって、やむなく公開質問状をもって本部からの回答を求めています。しかし、今でも公開討論会(話し合い)を希望していることに変わりはありません。

 

異なる意見で対立し、それを収めるには、どうすればいいでしょうか。

お父様は次のように語られています。

 

「二つの闘いを停止させるためには、正しいことと間違っていることを明らかにしなくてはなりません」 天聖経 P.934

 

 私はこのみ言に従って、何が正しいかを徹底的な討論によって解明しようと

しております。私の判断基準は、お父様の残された8大教材・教本のみ言です。

 

 

「先生がこの世を去る時、贈り物として皆さんに何をしていくかということを考える時、先生のみ言葉を集めたこの8材・は永遠にされるものです。文先生御言葉選集が最高の贈り物です」  「天運と聖霊の宿る八大教材・教本」より抜粋

 

 私達は神様が願い、真のお父様が願い求めた世界を実現するために集まった群れです。真のお父様が願われた世界はどの様な世界だったでしょうか。

それは家庭盟誓に明確に示されています。

 

家庭盟誓1~8を要約してみます。

1、本郷の地を求め、本然の創造理想である地上天国と天上天国を創建する。

 

2、神様と真の父母様に侍り、天宙代表的家庭となり、中心的家庭となって、

  家庭では孝子、国家では忠臣、世界では聖人、天宙では聖子の家庭の道理

   を完成する。

 

3、四大心情圏と三大王権と皇族圏を完成する。

 

4、神様の創造理想である天宙大家族を形成し、自由と平和と統一と幸福の

   世界を完成する。

 

5、毎日、主体的天上世界と対象的地上世界の統一に向かい、前進的発展を促進

   する。

 

6、神様と真の御父母様の代身家庭として、天運を動かす家庭となり、天の

   祝福を周辺に連結させる家庭を完成させる。

 

7、本然の血統と連結された為に生きる生活を通して、心情文化世界を完成する。

 

8、成約時代を迎え、絶対信仰、絶対愛、絶対服従によって、神人愛一体理想

   を成し、地上天国と天上天国の解放と釈放を完成する。

 

このような家庭盟誓の世界を実現するためには第1主体の教主であられる真のお父様が残された8大教材・教本のみ言を絶対基準として学ばなければなりません。そして、私達自身をみ言に照らし合わせて、み言の願いの実体になっているかどうかを確認しなければなりません。もしそうでなかったとしたら悔い改めて自分自身を正さなければならないのです。

 

許せ、愛せ、団結せよ!のスローガンのもと、絶対主体圏に立っておられた、第1主体の教主が語られた最高の贈り物である、8大教材・教本のみ言を中心に私達は一つになり、神様の願いである、創造本然の地上天国と天上天国を創建するためお互いに真実を求め、励ましあって2015年を走り抜いてまいりましょう。 

 

                                  201515  神山威

拍手[5回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30