忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

必見!  お父様が息子に祝福の権限を相続してあげる



                「三時代大転換一体圏統一祝福式」 天聖経 P.1394(2010年版)


 

 八十の老人が世界を回って祝福する時代は過ぎ去りました。皆さんが御父母様の代わりに、興進君も霊界で御父母様の代わりに祝福する時代を設定するのです。そのためには私が地上にいる父の立場で、息子である霊界の興進君に祝福する権限を伝授し、霊界で祝福してきたすべての基盤も、先生が行って祝福した基準と同等の価値を設定したのです。

 

  平面において、お父様の前に息子を立たせて祝福した、すなわちお父様が天上世界、霊界の息子の所に行って祝福したのと同じ価値あるものとして、統一された祝福家庭として意味をもたせるために、お父様が息子に祝福の権限を相続してあげるのだということを知らなければなりません。

 

  父親が霊界に行けば、兄になります。また、息子は、弟になるのです。ですから天の父、父親の呼ぶ天の父も、息子の呼ぶ天の父も同じなのです。神様の前では、みな息子になるのです。ですから、同じ息子といっても、父親が先なので、横的な面においては兄の立場を代表するのです。

 

  ですから、御父母様が御父母様の立場を完成したということは、息子の立場の完成を、霊界でも地上でも同じ価値的内容を伝授し、一体化させるというようなことをするのです。御父母様が、霊界の長子である興進君を呼んで、このように祝福された家庭を立て、一緒に統一的宣言をすることによって、先生が祝福をしてあげるのではなく、今後は興進君が祝福をするのですが、興進君がいなければ顕進君がお父様の代わりに祝福することのできる時代になるのです。

 

  三代の息子、娘、祝福を受けた家庭は、絶対に堕落してはいけません。堕落したならばどういうことになるかというと、今までのように真の父母が来て救うことのできる道理の時代は過ぎ去るのです。血統が異なったのを完全に転換し、三時代の先祖を代表した王権を受け継いで、祝福することのできる大将となった夫婦の血統は、千年、万年たっても汚されてはならないのです。血統の汚れたものを受けてはならないのです。純潔を守らなければなりません。分かりましたか。それをよくよく知らなければなりません。

 

  深刻です。「真の父母の名によって許してください」と、許しを請うことはできないのです。自分の先祖と自分の愛する兄弟を犠牲にしなければ、救う道がありません。それでもその血統はきれいな血統ではないので、剥ぎ取ってしまわなければならないのです。純潔な血統を残さなければなりません。深刻なのです。


新年のご挨拶
 「公開質問状」 
日本統一教会の声明文に対する反論

 



 
 ブログランキング・にほんブログ村へ 

  今日のみ言葉はいかがでしたか? 心に響いた方は神山先生の写真をクリック!

「相対者をどこから得るか。天上から得るんじゃない」  復興集会 動画(1)

 

「ヨスで、お父様の最期の2年間を見て来ました・・」   復興集会 動画(2)

 

「恐ろしい事が始まります」              復興集会 動画(3)

 

「死ぬべき人ではないような人が死ぬ」         復興集会 動画(4)

 

「基元節は成していない」               復興集会 動画(5)

 

「そんなことを言っちゃいけません!」         復興集会 動画(6)

 
 
 

拍手[9回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31