忍者ブログ

今日の訓読のみ言友の会

生涯、真の父母様に侍り、天の摂理とみ旨のために歩まれた神山威先生が、2016年12月12日に聖和されました。「毎日わずかな時間でもいいので、み言を訓読してください」という先生の遺志を受け継ぎ、これまで通りみ言を配信してまいります。

神様が摂理する転換時代の公式 (1月24日)


     「絶対信仰と絶対愛」より抜粋 1994109日  

      韓国・中央修練院
 

神様はアブラハムに、 「イサクを燔祭に捧げなさい」と言ったのです。アブラハムに「あなたの子孫を 天の星のように、地の砂のように繁栄させよう」と祝福したのに、100歳の時、 生まれた息子(イサク)を裸にして「祭物にして捧げよ」ということは何という 命令でしょうか? 狂ったことです。誰が信じられますか?

信じられない立場で、信じることが基盤になるのです。なぜ堕落が信じることのできる立場で信じられなかったので、信じられない立場で、 信じなければ天に対する信仰の芽が生じません。それが伝統的な信仰世界で、神様が摂理する転換時代の公式になっているということを知らなければなりません。
 

 

 アブラハムが祭物を裂くことにおいて、失敗しませんでしたか? それ(裂くこと)が何でもないと思ったのです。皆さんも、先生のみ言を何でもないと思ってはならないのです。歴史的な宣言です。祭物を裂くこと以上に価値ある先生のみ言を、どれほどこぼしてしまったことでしょうか? そのみ言が皆さんに、千年、万年の讒訴条件として残されているということを知らなければなりません。

 

 アブラハムが、小さなハトを裂かなかった失敗によって、天上天下にない摂理を中心とした、サタン世界と分立的な勝利の覇権(主義)を取り戻してくる、神様のみ旨が誤ったのです。ですから、そのみ旨の前に自分たちが今、不信するすべての態度や行動は、アブラハムの祭物の失敗の何十倍、何百倍になるということを知らなければなりません」

 

拍手[3回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

み言配信申し込みは以下のメールアドレスにお願いします

リンク

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
26 27 28 29
30 31